2018年02月21日

Riftcatのビットレートや負荷チェックをあれこれ試す その1.5

今回は残念なお知らせです。

今のところ、スマホのGPUの使用率を測るツールで
ちょうど良いグラフ状の物が発見できず
Riftcatのビットレートや負荷チェックをあれこれ試す その1の内容で
GPU周りの調査を行うのが無理みたいです。

Simple System Monitorのスクリーンショットを見ると
GPUの項目があるのですがうちでは表示されず…
とりあえずCPU-Zを使ってみました。
Google Play で手に入れよう

001-CPUZ.jpg

これだとタスクを切り替えた瞬間に0%に戻ってしまうし
開発者向けオプションからGPUレンダリングのプロフィール作成しても
VR動画を受けて描画してる最中の使用率は
描画されなかったりでなんとも言えない結果でした。

002-CPUZ.jpg

度々グラフが上の方まで伸びてるので
やはりパワー不足かなぁ程度の推測は出来ますが確証まではいけません。

また各温度は43度まで上がっていたので
もしかしたらクロックを落としている可能性は考えられますが
今はスマホが何度からどう言う風にすると言う所まで調べる気がないので
GPUの負荷のチェックは結果が確認できずで終わりなります。

もしグラフで見やすいアプリがあったらまたやるかも知れませんが
次はMoonlightでその1と同じような内容の予定です。


一連の記事
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Riftcatのビットレートや負荷チェックをあれこれ試す
Riftcatのビットレートや負荷チェックをあれこれ試す その1
Riftcatのビットレートや負荷チェックをあれこれ試す その1.5
Riftcatのビットレートや負荷チェックをあれこれ試す その2
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


posted by えくれあ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182475021
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック