2018年02月13日

Poly runner VRを実際にやった

先日、記事に書いたしちゃんとPoly runner VRをやってみました。

下準備でやったのは
Windowsとスマホとゴーグルで低予算VRの一連の作業です。

まずゲームの説明。
000-game.jpg

こんなタイトル画面で見てる場所に赤いポインタが出るので
それをカーソルとして目標に合わせてこのゲームは「エンター」で決定。
アプリによっては10秒動かず見つめると決定などがあります。

障害物を避けながらひたすら飛行するゲームです。
わっかを取るとボーナス?
002-game.jpg

操作はカーソルキーの←・→で出来ました。
003-game.jpg

RiftcatのみとMoonlight併用の両方でやってみた所の感想と問題点です。

まずどちらも画面が正面ではなく右に表示され
これは「Riftcat」の「Configuration」から「」
「General」、下の方の「Tracking Options」の中の「Recenter view hotkey」
ここで設定したボタンでタイトル画面でセンターリセットを行い正面に持ってきて解決。

遅延に関してはやはりMoonlightの方が少なくレスポンスは良かったです。

ただ、今少し試した所。Moonlightで起動した時だけ
OpenrackがYaw軸に対して無反応だったのでちょっと要検証という感じです。

後、動きが速いゲームだからか初めてVR酔いしました。
気持ち悪いです、検証したくないです。

多分、このVR酔いは微妙な遅延と見える景色の動きが速いからだと思うんだけど
これで頑張るより先にVR ZONE SHINJUKUでも行って
ちゃんとした機材でのマリオカート アーケードグランプリVR
自分が動きの速いVRゲームで酔うか確認した方がよさそうです。

と言いますか今もまだ気持ち悪い。
多分、Poly runner VR検証しないです。

(好みかどうかって意味で)
酔ってまで頑張って検証してやりたいゲームじゃない…
もうやだ…

posted by えくれあ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182408097
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック