2018年02月05日

Windowsとスマホとゴーグルで低予算VR -その1(概要)

細かく説明すると物凄く長くなるのでまずは大まかな話から

最近、VR元年、VRChatやらVirtualYouTuberのVR Liveへの参加等
ご家庭でバーチャルリアリティーの話題が時々あるので
お金をそれほど掛けないで体験できるかも?と言う内容の記事です。

自分のパソコンでVRするのに本来は普段ゲームするのには困らない程度の結構なPCスペック
そこにVR機器で
HTC VIVE(8万円くらい)か
Oculus rift(安くなった?5万円?)が必要になります。
それと部屋(動ける空間)

PCスペックについてはこの辺のサイトを参考に
VRが快適に楽しめる認証・VR Readyとは?
https://vrinside.jp/news/vr-ready/

快適にVRするには20万円以上と見ておいて良いおもちゃです。

普通はちょっとそこまでは…って思うのでお安くお試しする方法
最低限、必要な物はそこそこのスペックのWindows7以降のPCと
AndroidOSのスマホ(ジャイロセンサーが必要)と自宅の無線LAN環境と
スマホ入れてVRするゴーグルです。

PCとスマホは持ってるとして
スマホを入れるVRゴーグルはダンボール切貼りした自作でもOK

後はWindows用のRiftcatってアプリと
https://riftcat.com/

対になるスマホ用アプリでVRidgがGooglePlayにあるのでこれをインストールします。
Google Play で手に入れよう

また今回はSteamVRと言うのを利用するのでSteamって言う
ゲーム販売サイトのアカウント取得とアプリをインストールする必要があります。
http://store.steampowered.com/?l=japanese

Riftcatは有料アプリですがお金を払う前に体験で接続時に連続10分制限で使えるので
いきなりお金を払わずこれで出来るかどうかだけ試すのが良いと思われます。
10分経ったら切れるのでもう一回繋げば良い。
参考までにお値段は12.77ユーロ、PayPal経由で払って1800円くらいでした。
(2017年12月)

スマホを入れるVRゴーグルに関しては
ロケットニュースの記事【検証】100円ショップのVRゴーグルを使ってみた
https://rocketnews24.com/2017/08/09/937811/
ってあるので100円ショップで買ってくるとか
Amazonやお店でVRゴーグル買うとか適当で良いと思います。

これで普段は遠い所に居る2次元(3D)が
カスメ3D2.jpg

目の前に来て立体感臨場感溢れる仮想3次元へと変わってくれます。
Screenshot_20180205-213026.png

画像をスマホに表示させて顔を近づければ飛び出てる…かも
Screenshot_20180205-212953ちょっと上.png
胸が大きいのはVR向けで大きいの選んだからだよ、ほんとだよ

次回からお勧めしない機材や各アプリのインストール、設定等を詳しく書いていきます。


一連の記事
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Windowsとスマホとゴーグルで低予算VR
Windowsとスマホとゴーグルで低予算VR -その1(概要)
Windowsとスマホとゴーグルで低予算VR -その2(環境構築)
Windowsとスマホとゴーグルで低予算VR -その3(ドリフト対策ジャイロなしも)
Windowsとスマホとゴーグルで低予算VR -その4(Riftcat設定)
Windowsとスマホとゴーグルで低予算VR -その5(RiftcatのMoonlight)
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


posted by えくれあ at 22:48| Comment(3) | VR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]